救急救命講習

ホーム > 応急手当講習

応急手当講習

MEDIC FIRST AID ® training programs

そのとき、あなたの助けが必要です

今日はやじ馬や傍観者でいられても、事故や病気の緊急事態が、明日あなたの家族を襲ってこない保障はありません。教育施設スポーツやレジャー施設野外活動企業や組織乗り物人が集まるところならどこでも緊急事態は場所や時を問わず発生します。

救急車が到着するまでの数分間が、時に生と死を分け、後遺症の有無や程度を決めます

消防庁の指針で平均6分と示されている救急車の到着時間。メディック・ファーストエイド ® プログラムでは、現場に居合わせた人が傷病者を専門医や救急隊員に引き渡すまでの短い時間に施すべきプレ・アンビュランス・ケアを体得頂けます。この数分間にどれだけの適切な手当てが提供されたかによって、その後の医療処置の効果が左右されます。

病院に搬送されるまでの時間、実は医療技術を持たない民間人でもできることは多くあります。
民間の立場から簡単で効果的な「大切な人を守る」スキルを手に入れるため、当社ではメディック・ファーストエイド ® の習得を推奨します

今、あなたにできることがあります。是非その手段を手にいれてください。

メディック・ファーストエイド ® の主な特長
  • 救急医療の先進国アメリカで既に35年以上の歴史を持つメディック・ファーストエイド ®(MFA)。世界140カ国以上で年間50万人以上に普及している国際的な救急救命プログラムです。
    そのソフト(ノウハウ)とハード(教材などの伝達媒体)は数年ごとに最新の教育学的手法と国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んでアップデートを続けています。
  • 民間の団体でありながら、AHA(アメリカ心臓協会)のガイドライン2005改訂に寄与し、また、OSHA(アメリカ労働省の労働安全衛生局)の職場基準の規定にされている条項も満たしています。
  • 現在ではその画期的にして卓越した教育内容と有効性により、国連関連組織・世界安全機構(WSO)をはじめ、アメリカ沿岸警備隊(日本の海上保安庁にあたる)やカナダ・ロイヤル・ライフセービング協会、ガールスカウトUSA、DAN JAPAN(財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会)など、様々な公的機関や団体の多くから公認され、5カ国に設置された国際サービス・オフィスを通して世界中に普及しています。
  • 「その場に居合わせたバイスタンダー(一般市民)の誰もが実行できる!」と、当社が体験し、確信したトレーニングプログラムです。
  • 少人数(12人以下が基本)で楽しい講習会でありながら、「いざという時」の実施率は非常に高く、民間ならではの独自の指導プログラムが、責任をもって多くの「善き隣人」を育てます。
  • 修了証には「有効期限」が設定してあり、再教育プログラムによって常に最新の救命・救急・救護が行えるようアフターケアの連絡まで組み込まれています。
ご希望の場所で受講いただけます

受講開場として 当社トレーニングセンター ( 広島県広島市安佐北区-可部[亀山] )をご用意しておりますが、お客様のご都合にあわせて出張講習も行っております。( 中国地方5県。ビデオ・DVD等が見れる設備一式、人数分の机・椅子、実習に十分な広さの会場をご用意頂く必要があります。講習料金の他に交通・宿泊費や駐車場が無い場合それらの費用をご負担いただきます。)

ご不明な点、詳しい内容は、 お問い合わせ ください。

コースの紹介
Basic Plus

成人のCPR、AEDとその他の応急手当て

所要時間:1日 / 対象:成人

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® のベーシックプラス・コースは、成人の CPR (心肺蘇生法) 、AED(Automated External Defibrillator - 自動体外式除細動器)とその他の応急手当てを組み合わせたプログラムで、職場の応急手当てプロバイダーや一般市民のためにデザインされています。
米国では職場に課せられている応急手当ての基準を満たしていますいますので、日本の職場にも十分に適用できます。
Basic Plusの詳しい情報を見る
Childcare Plus

小児、乳児、成人のCPR、AEDとその他の応急手当て

所要時間:1日 / 対象:小児、乳児、成人

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® のチャイルドケアプラス・コースは、小児、乳児、成人の CPR (心肺蘇生法) 、AED(Automated External Defibrillator - 自動体外式除細動器)とその他の応急手当てを組み合わせたプログラムで、お子様と接する学校施設、保護者、スポーツ現場のコーチなど、健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々のためにデザインされています。
米国では職場に課せられている応急手当ての基準を満たしていますいますので、日本の職場にも十分に適用できます。
Basic Plusの詳しい情報を見る
Care Plus

小児、乳児、成人のCPR、AED

所要時間:4〜5時間 / 対象:小児、乳児、成人

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® のケアプラス ™ コースは、成人、小児、乳児の CPR (心肺蘇生法)、 AED (Automated External Defibrillator - 自動体外式除細動器)とその他の応急手当てを組み合わせたプログラムで、時間のない方には最短時間で、豊富なスキル練習をご希望の方にはオプション練習を加えてと、受講者の多様なニーズを満たせます。再訓練用としても最適なプログラムです。
Care Plusの詳しい情報を見る
Emergency Care First Aid

全年齢を対象とした病気やケガの応急手当

所要時間:4〜5時間 / 対象:全年齢

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® の Emergency Care First Aid コースは、 CPR (心肺蘇生法)、 AED (Automated External Defibrillator - 自動体外式除細動器) のような即座に命に関わる事態の応急手当(救命法)のみの訓練を受けた方や、応急手当を全く受けたことのない方、または日常的な病気やケガに対する救急法に特化した訓練を受けたい方のためにデザインされたプログラムです。
昨今の「AED」の普及に伴い、AED設置時などに心肺蘇生法のみの講習をうけたが、ケガなどの応急手当てに関しての知識が不十分だと感じておられる方などに、日常的に発生する確率が高い「病気やケガ」などへのスキルを習得し、すでに習得されている「救命法」に「救急法」を加えた両方のスキルを身につける事が可能になるコースとなります。
Emergency Care First Aidの詳しい情報を見る
幼児教育・保育関連トピックス

子ども達のためのケガや病気の発生予防

所要時間:2〜3時間 / 対象:小児、幼児、乳児

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® の幼児教育・保育関連トピックスは、子ども達のために安全な環境を作り、ケガや病気の発生を予防することに重点を置いたプログラムです。このプログラムは緊急時の対応ではなく、緊急事態が発生しないようにするための予防や安全性の確保を目的にしています。
主として乳児、小児を預かる施設や保育士、職員の安全性を高めるために必要な項目をインストラクターのリードで話合い、先進国の例を参考に受講者諸氏の保育環境の見直しや改善のきっかけとなってくれることを目標にディスカッション形式で相互学習を目的としたプログラムです。
幼稚園教諭、保育士、家庭内保育者はもとより、親や祖父母など、乳児、小児に責任を持つ人々が、健康上のリスクを管理し問題発生を予防していく手段を考える手助けをいたします。
幼児教育・保育関連トピックスの詳しい情報を見る
Copyright (C) 2015 Onsight System Inc. All right reserved